≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

ヒーリングテープ療法

ヒーリングテープ療法  

  • 筋・腱・靭帯など軟部組織損傷する、治療にはらか効果があった症例多数報告されています
  • 自律神経の調整骨盤の調整等、心身のバランス調整にもらかに効果があります
  • 機能解剖学運動生理学基本からなる独自理論体系構築されわることなく進化けています
    • ヒーリングテープ療法てらうち鍼灸整骨院研究発表された治療理論、当院ヒーリングテープ療法研究会会員です
ふくらはぎに!



    これは徒手鑑別によりふくらはぎの筋肉をチェックしたヒーリングテープ貼付しています

               < 臨床 応用編 > 

 
1、テーピングだけによる治療ではありませ
 
ヒーリングテープ療法神髄はその理論にあります
したがってヒーリングテープ理論づいた処置はすべてヒーリングテープ療法のなかにります

たとえば徒手鑑別において施術者てることでもちろがあります症状変化することが多々ありますが施術者をそのままけてにはいきません

そのために施術者代替としてテーピングているだけなのです

テーピング張力利用しているわけです
  
2、マニュアル存在しません
  
同様える症状であっても、患者様には原因・体質・生活環境・年齢・遺伝・性格・疲労度 ・・・ などにより同一のものはありません

治療となれば治癒力・抵抗力などの内的環境因子のほかにも、家庭職場などの外的環境因子などが重要条件となります

以上総合的した結果、治療計画中長期的だがリスクのぶのか短期的だがリスクのぶのかなどにより治療方針まります

患者様個々状況要望により治療法てきます

ヒーリングテープ療法はそれらに対応出来治療法でありしたがって、この症状にはこの治療法といったマニュアルたないのです

 
3、日常生活動作のなかで自然治癒力促進させます

普通、機能回復訓練以外治療では患部安静保護められます

その理由として組織修復自然治癒力依存することから、早期回復ダメージけた組織力極力低下させないことが必要条件となります

には機能しないものは退行変性するメカニズムわっていますつまり運動機能なるものがかないでいると動機能そのものが低下するすなわち自然治癒力いても状態よりもその能力低下することになるのです。

そのために、頑張ってしんどいリハビリテーションをしなければ!・・・ )

ヒーリングテープ療法組織機能制限をすることなく自然治癒力最大限発揮できる環境整備をすることを目的としているためヒーリングテーピングをしたまま通常動作確保するだけではなく治癒力めて早期原状快復することが出来ます

  
4、人身体利己的身体反応見逃しません
 
利己的なものであり、「自分」にとって都合いものは気持、都合くないものは不快じます

気持ちの刺激素直れますが不快感不愉快拒否します

身体組織自体同様そのサイン的確見分けるで今何必要なのかといったことがわかります

ヒーリングテープ療法ではそのことを大変重要なことと、決して独善的治療いません

したがって自覚症状他覚症状などの組織からの情報しっかり患者様にとって最善治療提供できることが出来ます

どんな自覚的・他覚的症状であっても、出来るだけしく伝えてください

安心してご相談ください


受付時間―及び―健康相談―にて連絡下さい。

膝関節に貼付

    ←    ヒーリングテープ

肩の三角筋に!

左肩ヒーリングテープ    →



< ヒーリングテープ講習会での臨床実習 >

資料提供:ヒーリングテープ協会

画像の説明


このページのトップに戻ります


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional