≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

骨折

健康保険診療
   柔整科 : 骨折/脱臼/捻挫/打撲/挫傷

骨折  

「骨折」とは?

鎖骨です右骨では無い

1、から反対側までヒビ連絡途絶えた状態。
2、れて変形したもの
3、ポッキリとはれていないがヒビ、傷がついたも
4、骨には異常はないが骨膜ついたもの

   ↑ 左の鎖骨骨折です、ポキット折れてになってます。

手の甲側から撮影



左手首黄色矢印位置(橈骨)骨折しています矢印方向くなっています

★ 上と下のレントゲン2例は、解り易いのではとおもいます。

 

画像の説明
  • 構造

1、骨質 ‥‥‥‥‥ 部分。(構造、代謝
2、軟骨質 ‥‥‥‥ 両端にあるらかい部分。(成長)
3、骨髄 ‥‥‥‥‥ 中心部。(造血作用)  
4、骨膜 ‥‥‥‥‥ ピタッとくっついているのこと。(太さ)

  • 注意する骨折しては

1、神経損傷 ‥‥ 神経骨折片によっつけられたもので。下腿骨骨折などの続発症であ   るコンパートメント症候群緊急処置必要となります
2、複雑骨折 ‥‥ 開放性骨折ともびま外出血ったものは初期消毒救急処置必要となります。 (細菌感染いため!)

このぐらい三角巾で固定して

1、原因による分類
外傷性骨折・・・ 通常骨折でありケガによる骨折のことです
病的骨折 ‥‥ 耐久力低下してこる骨折のことで
           骨粗鬆症・骨腫瘍などでられることがあります
疲労骨折 ‥‥ する負荷によってこる骨折です

2、程度による分類
完全骨折 ‥‥ スパッれているもの変形していることもあります
不全骨折 ‥‥ 一般にはヒビ。一部分がつながっている骨折のことです

3、外界との交通による分類
単純骨折 ‥‥ 皮膚上キズ口見当たらない骨折のことです
複雑骨折 ‥‥ 皮膚上キズ口骨折のことです。(複数骨折混同しないように !! )

4、外力侵入部位による分類
直達性骨折外力直接加わった部位での骨折のことです
介達性骨折外力わった部位かられた部位での骨折のことです

  • 骨折上位から脚、胸、腕なり高齢者骨折のなかでも大腿部、下腿部重傷割合くなります
    階段での骨折いで道路建物内での、以下自転車風呂場椅子きます
    原因圧倒的転倒いです
    転倒」「転落」「挟むなどですが高齢になるほどえていきます

5、「滑る」「つまずき」「落下する骨折のきっかけとなる場合!
におかれた新聞いた時。
フローリングワックス・油またはストッキング・木綿靴下、布底スリッパいた場合。
カーペットナイロン袋などがあった場合。
ビニールタイル表面などがいている場合。

画像の説明

このページのトップに戻ります

  • 骨折をしないための注意
    高齢者骨折りにくいため寝たきり老人性痴保原因にもなります
  • 滑る」「つまずく」「落下するなどに注意&します

階段にはすりをつける薄いカーペットくとりにくくもし転倒しても衝撃少なくてすむ。
・滑めは逆につまずく場合あります
浴室から浴槽まですりをつける
すのこマットなどは滑り止付いた物、また場所いっぱいにめる
各部屋照明るくする
廊下、トイレ夜間でもくし荷物などでならないようにする
ベットにゆとりのあるものさは腰掛けて充分床
布団カバーまないよう布団タイプにする
住居内整理整頓気をつけきすぎないらしたままにしない
カーペットはしっかりたるみやめくれがいように注意必要

画像の説明


折れているかも ‥‥‥ ?  と感じたら夜間・休日に関係なくすぐにご連絡下さい

急患のかたは080−3785−3774にお電話下さい。
診療時間内の時には073−335−3705電話下さい。
診療時間外の時には080−3785−3774にお電話下さい。


画像の説明


このページのトップに戻ります


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional