≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

鍼灸に於いて

鍼灸に於いて 柔整に於いて
健康保険診療 鍼灸科腰痛症神経痛その他)を参照してください

鍼灸での健康保険取扱いについて  

適用疾患

1、五十・四十肩
2、頚腕症候群 
3、頚椎捻挫後遺症 
4、腰痛症
5、リウマチ
6、神経痛
7、その他(       )

適用条件

   1、医師同意書必要となります

  • 医師する同意依頼書及同意書当院用意を、させていただきます
    気軽にご相談ください

   2、現在同病での治療保険医療機関けていないこと

  • 確認当院でさせていただきます
  • 通院中他院診察券を、お持さい
          

適用保険

1、 一般健康保険(国保、社保、組合、国保組合、共済、船員、老人)
2、 公費負担証(ひとり親、老人、障害、乳幼児、その他
3、 一部負担助成証
4、 労災(勤務労災、通勤労災、地公災)
5、 生活保護
6、 スモン病特定疾患医療証

その他

 ●「交通事故

必要な事柄

1、初診時および月初めには健康保険証確認させてください

2、診療月ごとに診療報酬受領委任用として認印」(朱肉用)をご用意下さい

3、自身傷病名」「原因」「通院日」「窓口支払金額にご確認願ます

画像の説明


  • 注意事項

1、鍼灸健康保険けることが出来背景には医科で治療を受けたがもうひとつ効果が現れにくいがために鍼灸治療に託されるというがあります
つまり安易同意書請求できるものでも発行できるものでもありません

したがって同意けた場合には、できる医師および鍼灸師指導通りに通院生活管理心掛けていただけることを、おいいたします

2、同意書約3ヶ月単位更新されま
3ヶ月えて治療継続するには医師再同意必要となります

また再同意、前もっておえしますが再同意については書面また同意医師から鍼灸治療継続してもいですと再度同意をしていただくことになります
書類当院用意いたします

画像の説明


このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional