≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

自律神経失調症

  • 自律神経とは
    生活上非常 大切神経となるのが自律神経です
    心臓胃腸・腎臓等かそうと意識しなくてもいてくれます
    これは自律神経いているからです
  • 意識しなくてもいてくれているものには
    心臓・肝臓・脾臓・胆嚢・腎臓・大腸・小腸・十二指腸
    膀胱・瞳孔・血管・汗腺・子宮・嚥下などたくさんります

意識してかせないものは自律神経関与しています
ただし肺臓自律神経でも支配されていますが自身でもかすことができます

  • 自律神経には交感神経副交感神経があります
  • 交感神経運動・労働・興奮・緊張・危機感・闘争・恐怖感
    などにきます
    交感神経くとかすためにした状態になります
    心身ともに活動するためにこの神経作用します

    筋肉くときは酸素糖・栄養必要
    身体隅々まで必要があります
    そのために交感神経活発きます
    またストレスが多いと交感神経は活発になります」。

  • 副交感神経休む・くつろぐ・安心感・リラックスしたとき
    内臓くとき副交感神経きます
    として、休息しその身体内臓異常バランス回復さすことです
    きとして血管拡張・内臓活発にし、身体隅々まで血液修復必要栄養素・ホルモン・酵素そして体温などまでびます


    たくなると、手足かくじますね
    眠気?⇒副交感神経⇒手足毛細血管
    血管がる⇒手足まで体温わる

夜眠りにくいのは手足
たいために副交感神経きにくくなるためです

画像の説明

身体では、常活動していますそのために
修復をする必要のある部分てきます
んでいるときこそ副交感神経きくんだところを修復します

副交感神経むと、少しずつ活発めて
心身リラックス修復かっていますいき
んでいるときにきはピークえます

自律神経失調症・鬱病とはとことん頑張りすぎると
身体バランスれていくことでれまてきます

それをリセットするために自律神経失調症・鬱病といわれるような
症状れます


このときリセットせずに、更にがんばりけると
とんでもないことになる可能性てきます
まじめに、一生懸命努力しているかた

このストレスだらけの
生活をしていると正常身体きをったなら
自律神経失調症・鬱病どなたにでもこる可能性はあります

頑張るのをしだけえてませんか!「頑張ったら
このことは必要でかつ自然なことです

画像の説明

このページのトップに戻ります

  • 自律神経失調症

身体の無意識のうちに働きかける命令系統っています
たり、胃液分泌関与、心臓きに関与したりしますこの神経
刺激に対する反応がデリケートになりすぎた。状態えればいます

画像の説明


たとえば、右交感神経・左副交感神経このりの
自律神経バランスれた状態安定した状態となります
そしてどちらかくと症状れます


  • 更年期障害自律神経の関係
    自律神経きのホルモンの分泌を調整する作用
    があり女性ホルモンの分泌が低下する為、
    自律神経バランスがくずれやすくなります
  • 原因は?
    一般低血圧、ストレス肩こり、更年期障害心因性疾患などが
    要因となるとえられます
  • 神経の病気?
    神経のまして精神病気でもありません。交感神経副交感神経
    バランス刺激に対する反応がデリケートきてしまい
    不安定感じま
  • 自律神経失調症・鬱病
    いろいろな症状すことであなたの大事身体るための手段として症状ているのだとえてみてください


  • 鍼灸治療は?
    機能的症状 (関節や筋の痛み) 改善自律神経症状改善全身調整ります


画像の説明

このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional