≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

腰痛症

健康保険(鍼灸科) 四十肩・五十肩/頚腕症候群/頚椎捻挫後遺症/腰痛症/リウマチ/神経痛/その他

腰痛症

  • 腰痛症とは
    たる原因病気医学的てもレントゲン検査MRI検査っても異常られないが腰部むケースの総称です
  • 検査椎間板ヘルニア圧迫骨折などの診断名がついた もの以外慢性腰痛症のことです
  • 慢性的腰部痛重ダルサ主症状となります
画像の説明
  • 予防法としては

1、温めること(冷やさないよう注意
  疲労した緊張局所循環くすることで回復ります

2、身体を動かすこと
  適度身体かす運動になり、筋ポンプ作用循環促進されます
れない程度運動をしてさい

3、ストレッチ・筋力強化
  背筋・腹筋などのトレーニング(筋トレ、ストレッチとともにインナーマッスルである腸腰筋ストレッチってさい

深層部の筋肉が伸ばされます
腰・背部の浅層部の筋肉が伸ばされます

 





      (腸腰筋ストレッチ)             (背部拘縮除去ストレッチ)

画像の説明
  • 腰痛症を起こした時の日常生活での注意点!!

睡眠時・起床時
1、ベッドはややめを
2、横向きでげて
3、仰向けで膝下クッション
4、うつ伏せ寝けるかまたは座布団れる
5、起床時いた状態、起きずに一度もしくは寝返りをしてからがる

座位時

  • 椅子下記条件たしているものがベスト。
  • 腰部えるしっかりした背もたれ がある
  • 肘掛がある。
  • 120°リクライニング出来
    a, えるバランス・チェアもおすすめですが、評価には個人差があります
    b, ケースにより座布団タオル背もたれとの;入れる
    c, 膝関節股関節よりもややくなるようになどを
    d, すぎる椅子らかすぎるソファーける
    e, 机さはから作業時にはからぐらい
    f, 長時間座位、疲れをえたらって身体かす
    g, りながらでも時々体重移動をおこなう
    h, あぐらしてらない
背中が丸くなる
仙骨・下位腰椎に負担が!
骨盤に歪が!








画像の説明


立位時
1、15cm程度足台片足せて
2、ハイヒールける
3、洗面時・調理時にはげた腹部膝部てて体重ける
4、洗面台・調理台からさにする

動作時
1、げるはそれの正面位置する
2、荷物自分密着させる
3、前かがみ、膝屈曲させて動作する

運転時
1、座席ハンドルづく
2、乗車時から横向きに、静かに移動する

その他
1、食ぎは腹筋らないので注意する
2、精神的緊張感運転等のストレスかないようにする

画像の説明
  • 治療法としては?

鍼灸治療法・井穴刺絡療法ヒーリングテープ療法カイロプラクティック療法効果的です

画像の説明

このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional