≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

柔整治療

柔整治療法  

  • 必要じて協定病院での 線撮影等をおいすることがあります
  • 現在服用中薬剤名検査結果などわかる範囲でおらせください
     

物療機器(主なもの)     <使用できない方>

        1. ペースメーカー装着の方
        2. 植込み型除細動器装着の方
        3. ホルター型心電図計測中の方
        4. 悪性腫瘍の疑いのある方
        5. 妊娠の可能性がある方
        6. 出産直後の方
        7. 体温が38℃以上(有熱期)の方
        8. 急性炎症症状・急性疼痛症状の方
        9. 安静が必要と診断された方
        10. 糖尿病など高度な末梢循環障害による知覚障害のある方
        11. 温度感覚喪失が認められる方(電熱装置を持つ機器に限る)

画像の説明

1、高電位治療器
神経伝達時発生する電位調整することが目的ですが当院超高速微弱振動全身リラクゼーションになると好評です

2、低周波治療器
障害組織興奮抑制、緊張緩和目的とします。電気刺激目安「ある程度感じている」ぐらいで、強いほどくというものではありませリラックスできる刺激が最良です

3、マッサージ・ベッド
脊椎調整全身のおおまかなマッサージ効果目的です脊椎変性のある方、骨粗しょう症方、ふらつき・めまいのあるにはおめしませ

4、干渉低周波治療器
低周波治療器よりも深部電気刺激えることが目的です。少筋肉への到達度められます

5、湿性・乾性ホットパック

  • 機能低下した組織の回復には?安静 ?栄養 ?適度な運動が不可欠となりますあらゆる治療最終的にこれ依存しているのです
  • ホットパック(温熱療法)?栄養において組織の血液循環を確保、栄養とともに組織温適正つことを目的としています

6、コールドパック

  • 発赤、腫脹(腫れ)、発熱、自発性疼痛ジンジン疼くなどの症状がある場合、組織温適正為、損傷組織への血液流入による二次的圧迫障害防止のた冷却することが必要となります
  • 熱・腫脹などの炎症症候えたらただちに温熱療法える必要があります。自宅温熱・冷却のどちらがいいかわからなにはとりあえ気持ち良く感じる選択してさい
画像の説明

 

柔整手技  

  • 整復手技・・・・・・・・ 初診時徒手調整法。 また骨折・脱臼整復操作 症状・体調にあわせていますので安心です
  • 後療手技 ‥・・・‥ 患部治癒促進目的として手技(マニピュレーション)です
     

固定法  包帯固定

   1.非伸縮性 ・・・ 患部安静およ圧迫保持目的とします
   2.伸縮性 ・・・・・ 患部支持・保護・保温目的とします};。

  • テーピング固定
       1.非伸縮性 ・・・ 患部強固な安静保持目的とします
       2.伸縮性 ・・・・・仕事・試合など強固な固定とともにある程度可動性を保つことを目的とします
    • 晒し固定 ・・・・・・・ 大関節や体幹などの固定目的とします。 
       

治療用テーピング  

  • ヒーリングテープ療法 ・・・ 当院が加入している研究会テーピング法です
  • 関節運動障害には著効しています
  • 各会員とも各々整骨院にてヒーリングテープ療法活用素晴しい結果しています。 
     
画像の説明

このページのトップに戻ります

 
 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional