≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

柔整に於いて

柔整に於いて 柔整に於いて/鍼灸に於いて

柔道整復師においての健康保険取扱いについて

  • 適用する傷病について
    • 骨折脱臼いのある場合、また腱(スジ)または靭帯(じんたい)などの軟部組織違和感または、おかしいとったらとりあえず、当院連絡かまたは受診してさい
    • 当院拝見、判断後、必要処置および治療、時には必要じて協定している医療機関へご紹介をさせていただきま

画像の説明
  • 適用する条件
    • 整骨院・整形外科(治療けたなっていなくても)同部位平行受診していないこと
  • 膝を捻って負傷→膝関節捻挫での当院受診。以前から変形性関節症整形外科通院している場合。
    「月一度しか整形外科かずに、他毎日ように当院での治療」うのは原則としてめられていません
    捻挫治療わってから整形外科再受診してください
  • 自傷行為又は、第三者行為でない
  • たとえば自身でわざと外傷ったり加害者るときには、適用されません
    交通事故による外傷、各保険者報告申請すれば健保適用されます
  • 虚偽の申告に基づかないこと

カルテの作成・治療・レセプト作成にて原因びに自覚症状原則信頼健康保険適用となりますしたがって虚偽申告となった時、法律違反となる可能性てきます

画像の説明


  • 適用する保険
    a, 一般健康保険(国保、社保、組合、国保組合、共済、船員、老人、後期高齢者)
    b, 公費負担証(ひとり親、老人、障害、乳幼児、その他
    c, 一部負担助成証
    d, 労災(勤務労災、通勤労災、地公災)
    e, 生活保護

画像の説明


  • お願い
    a, 初診時ならびにめには健康保険証提示してさい
    b, 診療月ごとに「診療報酬明細書(レセプト)」への「自筆署名」をおいいたします
    c, 自身、傷病名・原因・通院日・窓口支払金額、常にご確認願います

center画像の説明

このページのトップに戻ります

―≪是非お読み下さい≫―

  慢性肩こり」・「腰痛症外傷性でなくそのために柔道整復師業務範囲外となります。従って健康保険対象外症状となるため、健康保険使えません

  しかし、「頚椎捻挫影響により,派生した肩こり」、「上部・背部挫傷からくる逃避性肩こり」、肩部捻挫による代償性筋疲労による肩こり」、「腰部捻挫ベースになった腰痛症」。

下部・背部挫傷からくる逃避性腰痛症」、「股関節捻挫から代償性筋疲労による腰痛症などは柔道整復業務範囲内であり健康保険対象となる症状すなわち健康保険使えます

  「肩こり」腰痛症今一番つらい症状であってもその原因となるものがれていることがありその原因治療することで「肩こり」腰痛症ったということはあります

  本当(メインの)傷病存在していてそれにがつかずに来院された場合、柔道整復師発病までの経過問診・徒手検査(整形外科的徒手検査)協定医療機関による検査などにて原因つけ、それにづいて保険治療開始します。(必ずその説明をさせていただきます。)

  その患者様本当治療理由理解してたいといます

  「原因を治療した結果「肩こり」腰痛症ったのに、「肩こり」腰痛症治療けたと申告された場合。
 いわゆる業務範囲「肩こり」腰痛症する違法行為および健康保険法づかない違法請求として処罰対象になりかねないのです

  どの柔道整復師(整骨院・接骨院 インフォムド・コンセント( =説明と同意)にておしています
  患者様もしっかりご理解していただいた、「保険組合などからの施術するおたずね安易回答をすると、大変ことになるをご理解受診されることをおいいたします
 

画像の説明


このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional