≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

日本刺絡学会認定鍼灸師

鍼灸科 井穴刺絡/日本刺絡学会認定鍼灸師

日本刺絡学会

  • 井穴刺絡、古来から救急治療、慢性疾患などに使用され、『素問』『霊枢にもくの記載ります。
    内経医学治療技術刺絡鍼法きな役割りをたしています

井穴各経脈の出入部経絡を疏通するため、刺絡うには好都合場所、効果顕著・即効的適用されるために広範囲にわたって使用されています

  • 井穴刺絡、刺絡鍼法最も重要なものであり、よく繁用されている手技の一つである
  • 井穴刺絡
    1、末梢循環障害改善心、肺、血管系負担らし血圧・体温の調節にも影響えます
    2、即効的色調変化する診断・予後判定をすることが出来ます
    3、この刺激より自律神経(交感・副交感神経)・体性神経影響結果ることが出来ます
    4、交感神経副交感神経バランスをとり免疫力及び抵抗力健康すことが出来ます
画像の説明
  • 現代医学的意義 井穴、末梢部位心臓よりも、寒冷影響血行障害こしこの循環障害、心・血管系負担になります
    また血圧の異常体温調節にとっても障害となります
  • 伝統医学的意義
    1、各経脈の起始部、『霊枢本輸編 十二経脈の経気手足の指まり四肢末端から臓腑に廻る
    2、井穴と臓腑のつながりのになる
    3、陰気・陽気交流経脈出入りする場所となります
    4、邪気進入した治療点ともなります
    5、ショック状態対応できる
画像の説明
  • 日本刺絡学会認定鍼灸師
    • 日本刺絡学会この意義ある医学(現代的意義・伝統的意義発展させるために定期的学会主催地域医療つとしてんでいく為。
    • 日本刺絡学会認定する鍼灸師としてのカリキュラム(実技・衛生・法律等)けそのカリキュラム修了した医師・鍼灸師には日本刺絡学会認定けた、鍼灸師となります
  • 古典にもされているくから脈々わる手法、西洋医学瀉血とは違い身体負担なく効果きい手法です
画像の説明

このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional