≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

捻挫

柔整科 骨折/脱臼/捻挫/打撲/挫傷

捻挫  

捻挫」とは?

関節において生理学的方向以外外力による関節包・靭帯・筋・腱・関節軟その他関節構成する軟部組織損傷います
関節構造においては生理的相対関係維持された状態います

画像の説明
  • 突き指」をした時は?

外力けた自動的収縮することにより受傷関節内異常まりますこの場合には指先方向牽引して

  • 靱帯一部断裂っている可能性がある場合には無理牽引をすると、逆損傷12
    靭帯をさらに損傷させることになります
  • すなわち捻挫をしたからとってすべて牽引していいわけではありません

捻挫治療においては損傷靭帯・腱・関節包損傷鑑別大変重要治癒るまでにきな影響があります

画像の説明
  • 捻挫の応急処置は?
    捻挫以外、外傷での基本的応急処置、説明します

1、 かないようにする、静かに傷部負担がかからないようにするということです
(REST=レスト)→安静

2、 炎症によるさえ、損傷した組織発熱適正ちます。同時血液・リンパ液流入による関節内圧上昇防御します。(ICE=アイス)→冷却

  • 冷却ポイント損傷部位およびそれよりも近位2ヶ所になります

3、 適当圧迫することによ損傷組織血液むのを必要最小限にすることを目的としています

  • しい包帯固定局所安静とともに局所圧迫PLUGIN_SIZE_USAGE行っています。(COMPRESSION=コンプレッション)→圧迫

4、 損傷部位挙上ることで自発痛(ザックザックとする、軽減することが出来ます

  • れないなどには患部心臓よりも位置なるようにしてお

画像の説明


  • 捻挫には?(靭帯・関節包損傷分類)  
    • 程度による分類
      1、 第1度靭帯軽度損傷
        疼痛、腫脹、圧痛、機能障害ともに不安定性ない
      2、 第2度:靭帯部分断裂時
        機能障害有不安定性軽度から中等度
      3、 第3度:靭帯完全断裂時
        機能障害高度不安定性著明。(脱臼にいたることもある
    • 損傷端形状による分類
      1、 横損傷
      2、 縦損傷
      3、 鈎裂き損傷
    • 損傷程度によりシーネなどによる固定・安静必要場合もあります

画像の説明


外傷関節部がおかしい!』じたら受診することをおすすめします

急患のかたは080−3785−3774にお電話下さい。

診療時間内の時には073−335−3705電話下さい。

診療時間外の時には080−3785−3774にお電話下さい。

画像の説明


このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional