≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

打撲

柔整科 骨折/脱臼/捻挫/打撲/挫傷

打撲  「打撲」とは?

直達外力局所わったことによって発生する組織損いわゆる打ち身のことをいます

  • 挫傷の項目でも説明してありますのでご覧下さい。
画像の説明

注意すべき「打撲」とは

軽度打撲であっても高齢者循環障害のあるなどの場合内出血吸収くなります

打撲による内出血筋組織内凝固することで後遺症として機能障害がともなうこともえられます
様子るなどせず、早期受診してさい

画像の説明

「打撲」の応急処置は?

  • 打撲らず、外傷での基本的応急処置説明しま

1, 安静→R(REST=レスト)
かないようにするだけでなく重力衣服などの荷重からもして負担がかからない
ようにします。

2、冷却→ I (ICE=アイス)
炎症熱、損傷した部位組織温適正ちます
冷却ポイント損傷部位およびそれよりも近位2ヶ所になります

3、 圧迫→ C(COMPRESSION=コンプレッション)
適度圧迫することにより傷組織血液むのを必要最小限にすることを目的としています
大量出血時のように血流めるほどの圧迫はしないでさい

4、挙上→  E(ELEVATION=エレベーション)
患部心臓位置より)高くして血液循環なくすることでれや内出血えること目的としています

《初期適切処置をしないと機能障害だけでな慢性関節症原因もなりかねません


画像の説明

救急を要する「打撲」とは
打撲、骨折、筋断裂などがきっかけとなって発症するコンパートメント症候群重篤続発症です
緊急・救急処置必要となります


打撲は案外と治りにくいものです。早急に受診されることをおすすめします。》

急患のかたは080−3785−3774にお電話下さい。

診療時間内の時には073−335−3705電話下さい。

診療時間外の時には080−3785−3774にお電話下さい。

画像の説明


このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional