≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

小児鍼

小児鍼
中国鍼灸/奇経療法/井穴刺絡療法

小児鍼とは


  • 鍼灸療法一分野大阪地方、盛んとなった小児(子供)のための針治療です
  • なぜ皮膚への刺激が症状に対して有効なのか!
  • 子供皮膚大人べて非常過敏です.そして母親・父親からのしいスキンシップ子供にとっての精神情緒安定素晴らしい効果ります
  • から疳の虫」特有症状参考にされてます
 1、顔色が青白い
 2、眉間や鼻の付け根に青い筋が見られる
 3、眉間に縦のシワがでる
 4、表情がきつくなる
 5、言う事を聞いてくれないような気がする
 6、白目の部分が青っぽく見える             等


その効果とは?


  • 小児鍼には下記のような、乳幼児期ストレス症状えるものにれた効果められます
  • 鍼法皮膚鍼小児皮膚れるくらいの刺さない鍼療法みはありません
  •  小児鍼をする場合、慣れていただくまでお母さんっこしてもらっての治療もできます

  • 適応症状
夜泣き・夜尿症・疳むし・ひきつけ・噛み付き・不眠症・喘息 ・キーキー泣く 食欲不振・虚弱体質・風を引きやすい・ 便秘・落ち着きが無い
  • 現代医学では「小児神経症」?

  • ひきつけ夜泣き、不眠など乳幼児期神経過敏症精神的ストレス原因場合。
  • 乳幼児精神構造はすごいさで成長するもストレスからの開放するための手段未熟なるため上記のような症状出現するとえられます
  • 成人の神経症とは区別してえられます
  • 適応年齢
  •  0歳児(首が据わる頃)から小学生低学年
    小児使用する、下記写真をごください

  • 費用
     保険適用されませんので自費診療となります
     初回・・・・1500円
     次回・・・・1000円

  • 小児鍼プログラム

 1,毎月治療をつづけていただきます
 2,月初めの3日間続けられる(日・祝)いて設定してください

  • 小児鍼普通第一回目(はじめての月)からは基本です
  • ただし小児疾患においては回数わる場合がありますのでご了承ください
  • 小児鍼のメリット
     ① 刺さないはり
     ② 刺さないことで反復刺激ができる
     ③ 痛くない(赤ちゃんにストレスとならない)
     ④ 子供に恐怖を与えない
     ⑤ 一回の治療時間が短い
  • 小児鍼に使用する鍼

    小児鍼2

  • 小児使用する皮膚接触するだけの刺激充分効果があります

時代こそ必要なのでは!


  • 小児鍼大阪基点として明治からんにわれていた乳幼児期治療法です
  • 幼児期において成長しく身体成長っていくための環境順応するためにいろいろな情報いで吸収してきます
  • そしてその情報整理・統合・判断などを、行おうとするときスムーズかない場合、ストレスのような状態疳の虫といわれるような交感神経興奮した状態となります
  • 幼児期小児鍼治療することで、全身らかな刺激一定リズム一定量施術することで血液循環促進交感、副交感神経バランスることで免疫力めることが出来ます
  • 以上のことから成長していく人格形成大切必要そして重要なことではとえます
  • 定期的小児鍼うことで0歳から3歳までの第一次成長期身体精神にとってより成長のための環境います
  • 小児鍼子供やかな成長いかに必要かご理解いただけるものといます
  • 大阪から発信した素晴らしい小児鍼をぜひ小児期発育におめいたします


このページのtopに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional