≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

坐骨神経痛

坐骨神経とは

坐骨神経腰椎仙椎一部から臀部、太ももの後ふくらはぎまでっている末梢神経です。 
腰臀部から、太もも後面そしてにかけての範囲知覚さどり腰椎変形椎間板ヘルニア・脊柱間狭窄・梨状筋症候により坐骨神経圧迫刺激されます
そのことから片側臀部大腿後面からふくらはぎかかとくるぶしのうらのまでみがます

  • 坐骨神経痛症状
    1,臀部から太もも後側すね外側裏つま先にかけての痛み、しびれ等。
    2,坐骨神経沿ってみが出現する
    3,立ち上がる時、みがさらにひどくなる
    4,ひどいくことも寝返ることも困難、眠れないほどのみやしびれうこともある
  • 坐骨神経痛原因とは、大きくけると3つあります
    1,背椎の異状・・・椎間板変形した坐骨神経圧迫して痛みしびれ出現
    椎間板ヘルニア・椎間板すべり症・変形性脊椎症・脊柱管狭窄症
    2,筋肉の異状・・・臀部筋肉坐骨神経圧迫して痛みしびれ出現
    大腰筋など腰部筋群緊張、臀部筋群緊張(梨状筋症候群)
    3,内臓影響・・・糖尿病動脈硬化腫瘍うつ病
  • 普通1,2,原因となることがいようです
  • 筋肉問題影響えることがです
    所謂ぎっくり腰ハード運動長時間椅子座って仕事など姿勢ける
    筋肉使うことなどで筋肉過緊張により疲労硬結ができます
    その疲労硬結坐骨神経痛こします
    筋肉問題による坐骨神経痛X線MRIなどの検査では判断しにくいもので心配ないでしょうと説明けたことがあることがいといます
    筋肉問題からくる坐骨神経痛みが割合腰臀部太ももふくらはぎ足首にかけて広範囲ぶことがあります
    椎間板ヘルニア椎間板変性症など背椎変形などによる坐骨神経痛診断された場合でも背椎不安定状態となるため
    腰臀部脊椎えようとして緊張することで筋群負担をかけ血流障害こすため一層坐骨神経痛症状がきつくなる悪循環こします

治療法は?
鍼灸治療法・井穴刺絡療法ヒーリングテープ療法カイロプラクティック療法が効果的です。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional