≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

交通事故関連

交通事故

政府補償事業  

加害者自賠責保険加入していなかった場合ひき逃げなどで加害者らかにならない場合などでは被害者自賠責保険請求ができませ
  
この場合であっても、被害者救済観点自動車損害賠償保障法71条以下において政府自動車損害賠償保障事業うことをめられています
  
この制度のことを政府保障事業制んでいます
  
この制度により自賠責保険とほぼ同内容支払けることができるようになりました
  
相違点自賠責保険では被害者7割以上重過失がある場合って定割合減額がなされるにぎないの政府保障事業では軽度過失があるにぎない場合であっても過失割合じた減額がなされることです
  
請求手続どの損害保険会社ってもいことになっています
  
 
 【対象事故】     1. ひき逃げ事故
             2. 無保険車事故
             3. 盗難車事故
 
 【保障内容】    1. 自賠責保険と同様
 
 【条  件】    1. 健康保険による治療
             2. 被害者の過失割合は5%単位で算定
             3. 理由の如何を問わず時効は事故発生日の翌日から2年
             4. 異議申立ては60日以内
 

画像の説明

交通事故関連リンク
   ●交通事故110番

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional