≪≪【井穴刺絡】・【自律神経失調症】・【免疫力低下】・肩こり・五十肩・腰痛・針灸保険取り扱い≫≫

五十・四十肩

健康保険診療
健康保険(鍼灸科) 四十肩・五十肩/頚腕症候群/頚椎捻挫後遺症/腰痛症/リウマチ/神経痛/その他

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎、四十肩、凍結肩)

  • 四十肩・五十肩とは

1、中高年一番多くみられる肩関運動障害みをうものをいます
また夜間痛もあり睡眠にも影響ます

2、みが発症のちかせないようになるもの

3、運動制限からまり無理をするむものも四十肩・五十肩です

4、初期には非常みのため運動困難なり発熱った、徐々四十肩・五十肩、移行することがあります
    
 鍼灸健康保険診療では慢性化した四十肩・五十肩対象としていま

画像の説明


  • 四十肩・五十肩の症状は?

1、肩関節みます初期にはかさなくてもがありますまた夜間痛場合もありま
2、肩関節うようにかないまたかそうとすると運動制限るな
4、初期には発熱・強い痛み(うずく)・睡眠りにくい、痛みのために、動かすことが困難になる。   
  

画像の説明


  • 四十肩・五十肩の原因は?

1、老化にともない肩関節靱帯(じんたい)拘縮きて症状まります

2、その無理運動衝撃より始まります。


  • 予防法と治療法は?

1、積ねの関節運動ストレッチなどがいでしょう

2、めてからの五十肩体操はやり治療法基本となっています

3、東洋医学鍼灸治療・吸玉など)‥‥‥ 急性期・慢性期ともに効果的です

4、西洋医学消炎鎮痛剤、関節内注入など)‥‥‥ 激痛発熱効果的です

画像の説明


≪四十肩・五十肩の痛みに気をつける事≫

1、四十肩・五十肩めてゆっくりかします
日頃から冷やさないうにしてください
かす時は、ゆっくりきくかし疲労がたまらないようにをつけてください

四十肩・五十肩には冷えは大敵!

特に寝ている間に肩が冷え無いように注意!

画像の説明

2、みがきたら安静
みがきたら安静にして蒸しタオルお風呂余分タオルえないようにしてタオルなどをしてめましょう

画像の説明








画像の説明


3、四十肩・五十肩きをくする簡単体操をしましょう
関節かせる範囲までかしてください
みがない範囲無理はしないで



画像の説明




画像の説明

このページのトップに戻ります

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional